山道長手盆

14,300円(税込)〜

ベンガラ
購入数

確かな素材と技術、使い手に寄り添うトレー


遠山に見立てた枠が四方続くことから「山道(やまみち)」と名付けました。
緩やかな曲線に削り出した板材を斜めに組むことで、手に持ちやすく感触も柔らかい。
同じサイズならピッタリ重ねることができるから、仕舞う時もスマート。
タモの木目を引き立てるのは、漆塗りの技法の中で最も基本的な「拭漆技法」によるもの。
手跡やほこりなどを残さないよう丁寧に整えられた木地の上に直接漆を塗り込み、乾かないうちに布を使って、漆を擦り込むように拭き取り乾かす。それを繰り返し仕上げています。
拭漆を施すことでトレーとしてだけでなく、お皿として直接食べ物を乗せることもできます。
使い込むことで少しずつ漆の色が明るくなり、木目がはっきりと現れる、その変化も美しいのが特徴です。
傷つきにくいタモ材を使い、木地屋の技術を活かした山道シリーズは、使い手に寄り添うトレーです。



デザイナー桐本泰一
技法拭漆
素材天然漆、タモ、タモ工芸板
サイズ354×233×h17mm
ベンガラ